昨日の午後,COVID-19ワクチン接種のために西武電車に乗っていたら,車窓にピカピカの4000系が見えた,ような,気がした.
 そこできょうの昼,駅前に出る用事にかこつけて,いつもの場所で,少し往来する電車を観察することにした.朝のうちは大雨が降っていたので,コンパクトカメラでは撮影が難しかろうと思って一眼レフ機を持ち出しのだけれど,幸いにして雨はやんだ.
G8A_2243
池袋線の8輛編成では唯一の幕式行先・列車種別表示装置装備車となった2063は,きょうも元気よく走っていた.なかなか巡りあわないこともあれば,先週に引き続いて遭遇することもある.なにはともあれ,元気であるのはご同慶の至り.
G8A_2253
13時10分,最新の40000系編成が目の前を通り過ぎて行った.瞬間的に眺めた限りでは,これまでの4編成と変わりないように見えた.

けれど,念のため,折り返し列車でもう少し観察してみることにした.さっきの通過時刻から推して,池袋発13時20分の急行となってもどってくるに違いない.
G8A_2266
予想通りに再び姿を見せた40155編成.新形列車無線アンテナは2本立っている.

“ダメもと”で,シャッタースピードを1/640秒にして撮影してみたのだけれど,やっぱり文字は大幅に欠けてしまった.このあたりの仕様は変更されていないようである.

今年度の新造車輛は,設備投資計画によれば40000系ロングシート仕様(すなわち50番代) とのこと.次の第6編成と第7編成は,いつごろ到着するのだろうか.そして在来車の動きは……まだ新形アンテナへの取り替えが行なわれていない6000系の動向が,とても気になっているのだけれど.

新形アンテナといえば,副都心線経由で乗り入れてきている東急電鉄5000・5050系では,この春以降,少しずつ新しい動きが見えてきた.そのひとつが,横浜高速鉄道Y500系に装着車が登場したこと.なかなか写真を撮影できなかったのだけれど,先週,たまたま行き合わせた富士見台の駅でようやく捉えることができた.
DSCN9021
装備されたのは最終番というか,東急電鉄から譲渡されたY517編成である.フルカラーの行先・列車種別表示装置が他編成の外観での識別点.

そういえば,譲渡直後には車体のラッピングだけ取り替えていたのだが,その後,屋根も青になり,客室内張りもリニューアルされた.

東急電鉄自身の5000・5050系では,5000系への装備がなかなか始まらなかったのだけれど,6月中旬には5022編成…青ガエルのラッピング編成である.
G8A_0748
5月13日の自由が丘駅である.そういえばこのラッピング,いつまで続くのだろうか.ずっとここままでいて欲しい,僕である.

東横線の5000系はこのほかに18,19,21の編成がある.18の編成だけ,まだ新形であることを確認できていない.

新形にならないグループがもうふたつある.それは5050系の66から69の4本,そして5000系10輛編成である4000番代11本である.
 これらが残っているのは,偶然であるはずもなく,なにかの思惑があってのことに違いない.違いないのだけれど,それがなになのかと問われれは,答は持ち合わせていない.現車確認を続けるしかない.

現車確認といえば,東京地下鉄17000系第6編成も,まだ営業運転に就役した形跡がない.つい先日から落成しはじめた8輛編成グループとともに,実見できる日を楽しみにしているところである.もっとも,その半面で,7000系トップナンバーとすべての8輛編成にお目に掛かることができる日が続いているわけではあるが.
DSCN9027
6月22日の帰宅時に出会ったトップナンバー編成.最後の10輛編成7000系である.