2015年…平成27年も,あっという間に1週間が経った.この調子だと,瞬く間に春が来て夏が到来し,秋が過ぎて,また冬になってしまいそうだ.
 一方では“冬来たりなば,春遠からじ…”と,早く暖かい季節がやってくるのを,首を長くして待っている自分も,いたりする.単に季節的なことだけではなくて,あらゆる意味で,“暖かい”世の中が来てほしいと,心から願う,正月である.

さ て,この2015年…平成27年は,どういう年になるのか.ワクワク,ヒヤヒヤ入り交じっているのだけれど,間違いのないのは,第2次世界大戦が終結…日 本が敗戦して70年であること.つくば博から30年,沖縄海洋博から40年,そして大阪万博からは45年.山陽新幹線全線開業から40年.天王寺動物園開 園から100年,大坂…大阪冬の陣夏の陣から400年,お城といえば五稜郭築城から150年.築城といえば,土木学会も100周年だそうだ.今の僕の地元近くでは西武鉄道の国分寺と本川越の間が開通して120年.悲しいできごとでは,阪神淡路大震災から20年…もう,来週のことだ.こうやって並べてみると,大阪というか,上方で節目となるできごとが多い年のような.
 遠くヴィーンでは環状道路(Ring)が開通して150年,映画サウンドオブミュージックの撮影から50年…そして,“記憶に新しい”と思っていたドイツ統一からでも,25年が過ぎてしまうことになる.

そのドイツ統一25周年.昨年の壁崩落から引き続いて,ドイツ観光局が今年の観光テーマとして選定しているのは,当然のことだろう.昨年の11月18日には,それをテーマにしたプレス・プレゼンテーションが催されて僕も参加したのだけれど,紹介のチャンスをすっかり逸していて,ようやく今日,記すことができた次第.

MT-20150108-1
ドイツ統一のシンボルはたくさんあるけれど,僕がまだきちんと見ることができないでいるのがここ.ポツダム広場である.画面中央はモニュメントとして展示されている“壁”.Photo:DZT

プ レゼンテーションでは,ドイツ統一から25年間の変遷が語られたが,それによれば,1993年から2013年までの21年間でドイツを訪問した外国人の宿 泊数(国境での出入国管理が撤廃されたEU圏内では,統計に際してはかつてのような“人数”を使うことができず“宿泊数を”基準としている)は3,720 万泊も増えたという.しかもそのうちの約半分が,西部ドイツよりずっと面積が小さい東部ドイツでの滞在だという.“率”で示せば,東部ドイツの増加は 208%で,とりわけベルリンは509%増….比べて西部ドイツは78%増に止まっている…….
 これには交通の便利さ加減が影響しているとも考 えられるのだが,どうだろう.というのも,近代ドイツでは地方分権が確立していて,鉄道も道路も網の目のように各都市を結んでいるわけだが,東独時代には ベルリンを中心とした放射状に交通網が組み立てられた.だから,各地域をグルッと巡るのではなくて,ベルリンを拠点にして各地方へ往復するショートトリッ プを繰り返すのが,便利なのだ.
 それでも,ベルリンを起点にしてドレスデン,ライプツィヒ,エルフルト,マクデブルク,そしてポツダムと,分断と統一に縁の町々を巡りながら一周するのは容易である.
 その途中には,ガイザ(Gaisa)とかヴェーバーシュテット(Weberstedt)ヘーテンスレーベン(Hötensleben)など,チューリンゲン州に散在する,東西ドイツ国境の監視所跡が残る小さな村を訊ねたりすることもできる.

MT-20150108-2
このニコライ教会で1982年から毎週月曜日に開催されていた“平和への祈り(Friedensgebet)と,そこから派生した街頭デモが,ドイツ統一への胎動の,“大きなひとつ”であったといわれている.Photo:DZT

ベルリンそのものが魅力溢れる“魔都”だというのは,僕も何度かの訪問で実感した.統一前も,直後も,そして10年以上を経た2007年の訪問でも“怪しさ一杯”…….
 というようなことを書いていたら,無性にドイツが恋しくなってしまった.誰か,連れていってください!

さて,このプレゼンテーションの会場となったのは,駐日ドイツ大使の公邸.これまでにも何度か訪問しているが,今回はリニューアル工事完成後はじめての,外部団体による催しだというので,どのぐらい変化したのが観察するのも,楽しみの一つだった.

MT-20150108-3
けれど,早めに到着して観察した1階広間は,顔なじみになったベテランの参加者でも.さて,どこが変ったのでしょうと首をかしげるほど変らない.実にドイツ的に実質的なリニューアルだった.

MT-20150108-4
新しいのは公邸だけではない.昨年,それまでのフォルカー・シュタンツェル博士は離日し,新任のハンス・カール・フォン・ヴェアテルン大使による歓迎の挨拶で,プレゼンテーションがスタートした.大使の左に立つのは,ドイツ観光局のレイカート・ケッテルハーケ局長.