とれいん2024年6月号は,もう見ていただけただろうか.今月も盛り沢山の記事の中で僕が担当したMODELERS FILEは,去年の秋にデビューしたJR西日本の227系500番代“Urara”.
 227系電車は既に広島と和歌山地区で使われており,3番目のバリエーション展開ということになる.構想発表の時点から“どこが違うのだろうか”と,実物の観察を楽しみに待っていた電車である.
 しかし昨年2月の報道公開には行くことができず,現車に接することができたのは,ようやく取材に出掛けた翌日早朝7時半,2輛編成と3輛編成の2バージョンがあるのは広島地区用と同じ.臨機応変に組み合わせて2輛から7輛までの運用をこなしている.その最大の7輛編成を捉えるべく,前日深夜に到着したまま,眠い目をこすりつつ捉えるべく出向いた,倉敷駅でのことだった.
8BA_4302
糸崎発岡山行きの1708M列車.以前は115系の8輛編成だったそうだから,1輛の減車ということになる.2024-4-11

広島地区用とは,形はもちろん同じである.でも,アクセントカラーが赤から桃色になった,ただそれだけで大きく印象が違って見えるから不思議.ちなみに広島のは……
F8A_3008
瀬野と八本松の間で捉えた糸崎行き.ちなみに広島地区では徳山が運用範囲の西の端.““Urara”は三原から姫路の間だから,227系は山口,広島,岡山,そして兵庫と瀬戸内各県の全てで姿を見ることができるようになったわけである.下関に達するのが,楽しみ.2020-11-22

さて倉敷駅に降り立つのは,実は初めてである,今を去ること56年前(!),米子から乗り通した伯備線列車を捨てて糸崎へ向かうために気動車急行“吉備”に乗り換えたことは,いつかどこかで記したかもしれない.
DSCN9653
倉敷駅といえば,10年ほど前に8階建から3階建への減築で話題となった.僕は元の駅本屋は知らないわけだが,ただ現在だけを見るならば,なんの違和感もない駅本屋である.ちなみに駅前のペデストリアンデッキは,昭和55/1980年の8階建駅本屋新築とほぼ同時に完成したもので,岡山県内で初めての施設だったそうだ.
DSCN9649
今の倉敷駅には北口もある.その駅前にも回廊型ペデストリアンデッキがあってその真ん中にはアンデルセンの童話がテーマだという時計台が建っている.

なんで?と思った貴方は,若い.駅北側に展開していたクラボウ(倉敷紡績)工場跡地の再開発で誕生した“倉敷チボリ公園”というテーマパークが建設され,その玄関口だったのである.平成9/1997年に開園したものの,わずか10年余で閉園してしまい,この時計が残ったということ.跡地は写真にも見えるアリオというショッピングモールやアウトレットモールなどとして再々開発されている.

そして岡山.岡山訪問は211系特集の取材で平成21/2009年5月にお邪魔して以来だから15年振りということになる.
 岡山といえば岡山電軌.折しも“KURO×夢二”電車が4月8日から走りはじめるという案内をいただいていた.だから見に行きたかったのだけれど,残念ながら運行予定と僕のスケジュールが,まったく合致しなかった.残念.
8BA_6890
せめて,ということで夕暮れ前の大雲寺前電停で捉えた7401.1980年に登場した7000形の姉妹車だが,これは完全新造車.それにしても安全地帯からのこういうアングルは,僕にとっては新鮮な体験だった.

大雲寺前から向かったのは出石小学校跡に開設されている下石井公園.目的は……
8BA_6925
“D51 917 満開の桜添え”であった.少々馴染みのない番号で,説明板も存在しないようなのでよく解らないが,ぐるっとひとまわり……あれ?テンダーの銘板が…….

帰宅後に調べてみたら,昭和46/1971年に東北地区から新見機関区へやってきた機関車だった.同じ時期に浜田へ行ったD51 1は記憶に濃いのだけれど.
 テンダーの銘板については,他の研究と合わせて,そのうち纏めてお話できることになると思う.

岡山でおいしいものといえば米に魚にお酒に果物に和菓子……色々数え切れないが,今回発見したのが,これ.
名称未設定 1
周囲に余計なものが映り込んでいたので切り抜いたら少々いびつになってしまったが,岡山木村屋のパンである.


泊った宿の1階ロビーにパン売場があって,珍しいと思っていたら,実はパン屋さんが経営している宿なのだという.そしてそのパン屋さんは東京銀座の木村屋で修行して独立,大正8/1919年に創業したお店であると,やはり久し振りに訪れた岡山模型店の赤木さんが教えてくださった.
 ということで,滞在中の朝ご飯は,全部,これだった.上に写っている“ジャージー牛乳パン”の原料の蒜山ジャージー牛乳は,オハヨー牛乳とともに,岡山の牛乳の二大ブランドだと,僕は思う.