R81
1月21日(土)発売のレイル最新刊のご案内です

■上野駅発着の夜行客車列車と機関車
かつて上野駅の夜と朝を彩った幾多の夜行列車たち.その多くが姿を消してから,早くも30年が経とうとしています.
 東北・奥羽・常磐方面だけでも,“八甲田”,“津軽”,“十和田”,“おが”,“あけぼの”,“北星”,“ゆうづる”,“新星”…….上越信越方面を加えるなら,それは数え切れない数になります.
 今回はそれら夜行列車の中から,東北・奥羽・常磐方面を往来した客車列車について新幹線開業前10年間の足跡をたどり,その他の方面を含めて上野駅に出入りした機関車たちの面影を追い求めてみました.
 列車運転史については三宅俊彦さんに,いつも通り綿密な調査により体系的に語っていただきました.
 機関車の,ディテールを中心とした説明はふちい萬麗さんです.
 グラフページでは,上野駅の情景や沿線各地での貴重な列車写真によって,当時を思い出していただくことにしました.

足掛け6年,17回に及ぶ連載が続いた“現代中国蒸機の世界”は,いよいよ最終回です.未紹介だった各地の蒸機たちの様子をまとめて掲載するほか,既にレポートした鉄道についても,その後の再訪問や調査で判明したことがらや変化をお伝えしています.

2012年1月21日(土)発売 定価:本体3,600円+税

バックナンバーの内容はこちらからどうぞ

eshumi-kounyu