R80
10月21日(金)発売のレイル最新刊のご案内です

■街ともに人とともに 在りし日の京都市電を偲ぶ
昭和36/1961年に“N電”こと京都市電北野線が廃止されてから50年が経ちました.
 その後,伏見・稲荷線を皮切りに本格的な廃止が始まり,京都から市電が姿を消したのは,昭和53/1978年のことです.
 福田静二さんは,その間の京都市電の移り変わりを地元で眺め,記録し続けました.それも,単なる記録写真にとどまらず,沿線の人々と電車との関わりを,豊かな感受性をもってフィルムに焼き付けられました.
 今回の“レイル80号”では,そんな京都市電最後の17年間をメインテーマとしてお届けします.
 年度ごとのネットワーク地図,車輛配置表も掲載しています.お見のがしなく!

また,JR東日本の手によってC61 20が復活したことにちなんで,現役時代のC61のあれこれを,写真と当時の思い出で早川昭文さんが紹介してくださいます.
 中国の現役蒸気機関車も,いよいよ数を減らしています.今回は遠く新疆ウイグル自治区の煙.“天山山脈の南 新彊三道嶺炭鉱専用線”をご紹介します.

2011年10月21日(金)発売 定価:本体3,600円+税

eshumi-kounyu