8月4日,東京汐留の旧新橋停車場の鉄道歴史展示室で「特急“燕”とその時代」展が始まった.昨年12月から今年の3月まで開催されていた「制定80周年 トレインマークの誕生」展に続いて,若干のお手伝いをさせていただいたこともあり,とれいん9月号の編集作業が終わるや否や,出向いてきた.

182-1
入り口から見た展示室全景.手前に見えるのは“燕”ならぬ,船と飛行機とバスの模型.

会場に入って真っ先に目に入るのは,古い飛行機(フォッカー・スーパー・ユニバーサル)と大きな船(貨客船“ぶえのすあいれす”),そして背中を向けた古いバス(鉄道省営バス)の模型.
 “燕”の展示会だよね,という疑問を頭に浮かべつつ歩みを進めると,次に目に入るのが,当社刊行物の古くからの読者ならば強く記憶に残っているであろう,高田隆雄さん撮影の,国府津駅を発車する“燕”の3連写.その下には,細江正章さん撮影による,展望車から見た走行解放の瞬間の写真も展示されている.

182-2
名作“国府津駅を発車する超特急燕”の3連写.大型機関車,鋼製客車,自動連結器(直接画面に写っているわけではないが),太いレールという,鉄道全体の改良の成果としての“超特急”であることが,すべて写し込まれている.

続いて展望車の話や駅弁,国際連絡列車としての役割,丹那トンネルの開通,流線形の登場などに触れられていて,やっぱり“燕”の展示会だよねと納得しつつ,一方ではさっきの模型の疑問が解けないままに会場をめぐっていくと,“東京へ向かう最後の特急つばめ”の写真が登場し,その次に“その後のつばめ”の写真が7枚登場して,プツッと終わりになる.戦後まで語りはじめると,この展示室の面積では収拾がつかなくなるのが明白.ならば昭和18/1943年の運転中断で区切った方が密度が高くなる,という狙いなのだろうが,見る者には,実になんとも強い余韻が残る“見せ方”である.

182-3
運転最終日の戦前の“燕”(手前)と,“その後のつばめ”として展示されている,戦後から現在までの“つばめ”たち.

そして振り返った所に置いてあるのが,昭和5/1930年製の電気洗濯機や電気冷蔵庫,木製の氷冷蔵庫や盥や洗濯板.壁面には昭和初期の洗濯講習会の様子を写した写真.

182-4
手前から昭和5/1930年製の電気冷蔵庫,電気洗濯機,氷冷蔵庫,盥と洗濯板.電気冷蔵庫と電気洗濯機は,東芝科学館(東芝の資料収蔵部門)から,初めて部外展示されるものだという.これはこれで“みもの”だろう.

これでようやく全ての疑問が氷解した.単に“超特急 燕”を紹介するのではなくて,“燕”が存在した時代を,この展示は語りたいのだ,と.いや,タイトルには最初から“その時代”という言葉が加えられているではないか.こういうアプローチは,今までの鉄道関連の展示会には少なかった.
 入場無料であり,“近くまで来たから寄ってみよう”ということが多いだろう旧新橋停車場の展示室は,有料で“そのために出向く”であろう大宮の鉄道博物館とは,訪問者の性質が自ずと大きく異なる.
 開館して丸5年を経て,この展示室は,そんな“気まぐれな不特定多数”の訪問者の心を上手に捉える“技”を掌中にしたのではないか.
 この企画展は11月23日まで.会期中の休館日は祝祭日を除く毎週月曜日と9月24日(木),10月13日(火).なお,充実した内容の図録が700円で用意されている.

注:展示室内は撮影禁止です.ここに掲載した写真は,事前に東日本鉄道文化財団の許可を得て撮影したものです.