ついこのまえJAMが終わった気でいたら、もう新年号です。ビックリするくらい、あっという間。歳を重ねるごとに時の経つのは早くなると言いますが本当に早い!早すぎる! 学生の頃はあんなに長く感じたのに・・・
 しかし、息子や甥っ子の“速巻きの朝顔観察ビデオ”がごとき成長っぷりを見ていると、むべなるかな。芸能界でもあんなに子供っぽかった広末涼子ちゃん、西原氏と工作室のテレビを見ながら「広末カワイイっすよね~」と言っていたら、もう・・・ねぇ。ほんの少し前まで小学生だった加護ちゃん、辻ちゃん、西原氏と「かわいいねぇ、俺は加護だな」「私は辻っすね」なんて話をしていたら、もう・・・ねぇ。本当に早いものです。

さて、相当に話は脱線しましたが、その新年号は“東急の大特集”です。本誌で東急の特集というのは初めてではないでしょうか?詳しい内容はココを見ていただければお分かりですが、もう1冊丸々東急といった内容です。東急ファンはもちろん見逃せない内容ですが、そうでない方も楽しめるような読み物的な記事、グラフ、グッズ紹介のページもありますのでご期待ください。ここのところ、新年特大号は発売当初、売り切れてしまうことが多く一部で苦情が出ています。もし、売り切れた場合は書店にご注文ください。ご予約いただければ、時間は掛かりますが、かなりの確率でお届けできると思います。諦めないでくださいね。

NY-20091214-01
表紙の校正紙。もうすぐ完成です。

実は当編集部には東急沿線住民がいません。私は東武沿線育ちの西武沿線在住ですし、前里氏は東京に越してからずーっと西武沿線、西原氏は京急沿線育ちの西武沿線民、平野君はチャキチャキの千葉っ子(?)、山中君は北海道育ちの西武沿線民、脇ボンは東海道沿線、松井氏は小田急育ちですが、やはり今は西武沿線住民です。

みな東急の電車は好きですが、沿線住民のように東急電車の雰囲気を肌で感じたり、日々使っているからこそ湧く愛着みたいなものは、どうしても持ち得ません。それは仕方のないことです。でも、せっかく編集するのですから、我々ももっと東急を好きにならなくては!編集中に東急への思いを強くし、テンションを上げてゆかないと、どうしても誌面に現れてくる(・・・と、私は思います)。

そんな時、私はテーマの模型を目の前に置くことにしています。その模型を見ながら編集作業をすると、とてもテンションがあがり、仕事の効率も良くなるのです。今回は2枚窓の湯たんぽ、青ガエル、ペコちゃんにしました。この頃の東急電車は本当にキュートな感じですね。子供の頃、目蒲線や大井町線で5000系や5200系が走り回っていたのを思いだし、とても懐かしく感じました。うん、今回も模型展示作戦成功です!

NY-20091214-02
編集作業をしているテーブルの目の前にコレクションを置くととても効率が上がります。私だけか?