NY-20090402-01
PERFECTION SCALE MODELS (MODEL GRAPHICS PUBLICATIONS刊)

この本を知ったのは10数年前・・・ 編集部でアルバイトを始めた頃です。

私が古い模型、特に米国型のOゲージを好きだと知っていた西原はある日、工作室に来るよう内線で呼びつけました。なんだろう?とドアを開けると、彼は一冊の本を手渡してくれました。

「古いOゲージが好きならこれを持っていないとな・・・」

見たこともない本でした。古いOゲージが好きといっても、当時20代だった私には仲間がいるわけもなく、また今のようにインターネットも普及しているわけでもありませんでした。古物の情報源はそちらに詳しい模型店か、米国模型店から来る目録ぐらいです。

HOスケールに関しては『とれいん』に情報が溢れていましたが、OゲージのMax GrayやU.S.Hobbies、ましてやInternational Modelsなんてほぼ触れられていません。ですから当時は目録を捲りながら、この模型はどんな形をしているのだろう?そういえば、あの模型店にあったのがこれかも? なんて想像を働かせるのが精一杯でした。そんな時に出会った本です。

さて内容ですが、これは何か新たに編集されたものではありません。Max Gray製品(大体1956~65年頃)の広告紙を綴じただけのものです。興味のない人は「チラシの寄せ集めではないか」と思うかもしれません。しかし、数多くの蒸機や、電機、ディーゼル機、貨車、電車が写真で掲載されているのは、資料的にとても貴重です。なにしろ当時の私には、存在は知っていても、見たこともない模型ばかり・・・

一通り捲り終えると、欲しくて欲しくて堪らなくなりました。西原によると余分があるとのこと。すぐに譲ってもらいました。

NY-20090402-02
SPのAC-9が好きになるきっかけとなった頁

この本が発行されてすぐ、1973年冬に『O SCALE Locomotive and Freight Car Pocket Guides』という3分冊の写真集も発行されました。これはMax Gray製品とU.S.Hobbies製品を収めたもので、これを見れば、2社の殆どを知ることができます。また物によっては同形式で Max Gray と U.S.Hobbies 両方が掲載されています。Max Gray を引き継ぐ形で始まった U.S.Hobbies の製品と見比べれば、後にどのような改良が加えられたかまで検証できるのです。改良の多くはディテール面で、ボイラー形状がより正しくなったり、メイン&サイドロッドが細くなったりと、より実感的になっています。

ただ、実車と似ていなくても Max Gray 時代の方が、味のある製品も少なくありません。甲な部分ばかりでなく、「乙」な点を見つけるのも古物を楽しむポイントではないでしょうか。

NY-20090402-03
O SCALE Locomotive and Freight Car Pocket Guides

この計4冊は今でも暇があれば捲っています。Max Gray や U.S.Hobbies の製品群は作品のような緻密さはなくとも、米国型らしい力強さに溢れています。この本で私は、この趣味をやめられなくなったのかもしれません。