モデラーな日々 とれいんスタッフブログ

月刊とれいんスタッフの,模型と格闘していたりしていなかったりする日々をお送りします.

> 実物イベント・写真展

カテゴリ:実物 > 実物イベント・写真展

////隠す用
自社広報

昨日から,千葉の幕張メッセで“第4回 鉄道技術展”が開催されている.主催はフジサンケイ ビジネスアイ(日本工業新聞社).平成22/2010年に始まったこの催し,いままではスケジュールが合わず,いつもあちこちから案内をもらっているにもかかわらず,行くことができなかっ
『第4回 鉄道技術展』の画像
////隠す用
自社広報

僕や,ここの読者のみなさんにとっての日立製作所といえば,笠戸工場で製造された数々の蒸気機関車や電車の数々,そして水戸工場でのディーゼル機関車や電気機関車の姿が頭をよぎることだろう.“レイル”でもNo.49で,DD51 1の落成時の写真を,折込の組立図とともに特集した
『日立 ソーシャル イノベーションフォーラム 2015』の画像
////隠す用
自社広報

2009年3月14日に亡くなられた,写真家,真島満秀さんをしのぶ写真展が,長野・信濃追分のギャラリーで9月28日まで開かれています.真島さんが移り住んで長年暮らした地,追分はもうすっかり秋の気配.この日(22日),浅間山の全貌が見え,頂上からうっすら噴煙が立ち上って
『真島満秀さん写真展「記憶の中の鉄道回廊」 長野・信濃追分にて 28日まで』の画像
////隠す用
自社広報

東京雑司が谷の画廊からスタートした“鐵樂者”写真展.ここ数年は会場の都合により場所が転々とし,昨年は東京西郊,大泉学園での開催となった.なかなかよい雰囲気のギャラリーだったので,今年も?と思っていたら,一転して都心(江戸時代にまで遡る人はいまい)の新宿御苑
『今年の鐵樂者展は新宿で』の画像
////隠す用
自社広報

旧新橋停車場では,その鉄道歴史展示室を使い,ほぼ3ヵ月のサイクルで企画展を開催している.前回の“野球と鉄道”に続くテーマは“温泉と文芸と鉄道”.なにやら三題噺のような.どんな風にしてそれらが絡み合っているのか,興味津々,出掛けてきた.古来,温泉への湯治客
『温泉と文芸と鉄道 旧新橋停車場歴史展示室企画展』の画像
////隠す用
自社広報

7月7日から9日にかけて(10日は登録メンバーによる各地へのテクニカル ビジット),東京有楽町の国際フォーラムで開催された“第9回 UIC高速鉄道会議”.その取材内容は今月21日発売の,とれいん8月号“Coffee Cup”で詳しく紹介した.でも,限られたスペースでは,いく
『UIC世界高速鉄道会議 東京 資料と余話』の画像
////隠す用
自社広報

最初は実は,夏休みの子供向け企画展だと思っていた.いや,実際,そうなのである.けれど,大宮の鉄道博物館のニュースリリースには“お子様から大人まで,幅広く…”とある.モハ31000に施された“オリンピック塗装”編成の写真…宮松金次郎さん撮影だったろうか…も掲載さ
『鉄道博物館の夏の企画展 “みんなのでんしゃ展~今度の電車はてっぱく行きです~”』の画像
////隠す用
自社広報

“野球”といえば,なにを思い浮かべるだろうか.ここの読者ならば.昭和の大阪育ちである僕には,やっぱり,京阪以外の私鉄が持って いた球団の数々とか,そして全国区としての国鉄スワローズだろうか.もっとも,僕の頭の中ではプロ野球はその辺りで歴史が止まっていて,現
『鉄道が野球とかかわる時…旧新橋停車場歴史展示室企画展』の画像
////隠す用
自社広報

今週の土曜日…もう二日後だ…,JR東日本に二つの新線が開業する.一つは北陸新幹線の長野と上越妙高の間(その先はもちろん,JR西日本の管轄となるわけだが).もう一つは,東京上野間である.  北陸新幹線が新線開業であることに異を唱える人はいないだろう.でも,東京上野
『鉄道博物館企画展 ふたつのスタート展 14日スタート』の画像
////隠す用
自社広報

明けましておめでとうございます.今年が,ここを観てくださっているみなさんにとって,すばらしい年となりますように.さて今日は元旦.どんなことを話題にしようかと思いを巡らせてみたら,昨年の11月26日に開催された“東日本鉄道文化財団学芸員トークライブ”の模様を,
『元旦特別企画? 東日本鉄道文化財団学芸員“東京駅100年記念”トークライブ』の画像
////隠す用
自社広報

12月20日,東京駅は開業100周年を迎えた.前日には式典が開催され,記念としてリバイバルの特急“富士”が伊東まで走った.めでたいことである. その100周年に関連した鉄道の催しとしては,大宮の鉄道博物館における“100年のプロローグ”が11月22日から開催されているが,
『旧新橋停車場での東京駅100年企画展 東京駅開業とその時代』の画像
////隠す用
自社広報

今年12月20日が,東京駅の開業100周年記念日であることは,既に各方面からリリースされているのでご存じの方も多いことだろう.山手線では 10月11日から“煉瓦色”にラッピングされた編成が走りはじめているし,12月19日には東京駅から伊東駅まで特別記念列車が走る…などを1
『100年のプロローグ 東京駅開業100周年記念企画展 鉄道博物館』の画像
////隠す用
自社広報

毎日毎日,当たり前のように使っている江古田駅.改築が真っ盛りのころには,小まめに観察しつつ写真での記録も欠かさなかった…例えば平成22/2010年12月17日のここ…けれど,完成してしまったら,気が抜けたようにカメラを向けることが少なくなったし,観察も疎かになってい
『西武池袋線江古田駅の回顧写真展と北口の江古田市場』の画像
////隠す用
自社広報

このところ,少なくとも東京では右を向いても左を見ても,東京オリンピックか新幹線.どちらも50周年だから,無理もないといえばいえるのだけれ ど.とれいんの“BOOKS”欄では,何冊の本を採り上げただろうか.いや,来月もまだ続くのだから,過去形で語ってはならない. 
『東京オリンピックと新幹線 江戸東京博物館』の画像
////隠す用
自社広報

きのう10月1日は,東海道新幹線が開業してから半世紀の節目の日.東京駅や名古屋駅,静岡駅や新大阪駅では,華やかに記念式典が開催された. 折りしも…もちろん企図してのことだけれども…,東京のキヤノンギャラリー銀座では,日本鉄道写真作家協会,JRPSのメンバーによ
『今日からJRPS写真展“新幹線半世紀”』の画像
////隠す用
自社広報

大阪万博の時代,僕は高校生だった.その万博が終わるとともに聞こえてきたのが,永六輔の“遠くへ行きたい”の曲と“DISCOVER JAPAN”という言葉だった. 折りしも,僕が旅の費用をアルバイトで稼いで自力で,なおかつ一人であちこち出掛けることができるようになったのが
『DISCOVER JAPAN ! 東京ステーションギャラリー』の画像
////隠す用
自社広報

昨年は8月22日のここで“今年の鐵樂者写真展は新しいプチぎゃらりー三愚舎で開催”としてご紹介した写真展.今年は会場を西武池袋線の大泉学園駅近くにある“ギャラリー プルシアンブルー”に移して開催中である.これまでと異なるのは場所だけでなく,参加者が杉 行夫,
『今年夏の締めくくり写真展は“鐵樂者”展』の画像
////隠す用
自社広報

慶応義塾大学鉄道研究会の創部80周年を記念した展覧会が,有楽町の交通会館2Fギャラリーで開催されています.本日お邪魔して参りましたので,その一部をご紹介しましょう.戦前からの長い歴史を誇る慶応鉄研と,そのOBで構成される鉄研三田会の活動を紹介する展覧会. 出版
『慶応鉄研80年展』の画像
////隠す用
自社広報

ちょうど1週間前の7月25日から,東京の品川駅港南口にあるキヤノンSタワー内オープンギャラリーで,日本鉄道写真作家協会(JRPS)の写真展が始まっている.今回のテーマは“魂の鉄道写真”.同協会の設立25周年記念行事の一環であり,この春に交通新聞社から刊行された写真集
『今年の夏休みは品川のキヤノンSタワーでJRPS写真展“魂の鉄道写真”』の画像
////隠す用
自社広報

去る4月8日から,東京汐留にある旧新橋停車場鉄道歴史館で企画展“富士山と鉄道”が始まった. この旧新橋停車場鉄道歴史展示室での企画展は,過去に何度もここでご紹介しているから,既におなじみの読者が多いことだろう(最初は平成21/2009年8月の“燕とその時代”だっ
『旧新橋停車場 鉄道歴史展示室 企画展 富士山と鉄道』の画像
////隠す用
自社広報

高野陽一さんといえば,早い時期から中国大陸の奥地にまで蒸機の煙を追い求めた,熱心なファンの一人として記憶されている人が多いだろうか.それば かりではなく,“とれいん”でも,1992年の“中国蒸機大特集”では雄大な天祝などでグラフが組まれ(その時には高野 豊とい
『高野陽一写真展 「SOUL TRAIN's ―上州の空の下で―」』の画像
////隠す用
自社広報

北海道の狩勝峠といえば,かつてD51やC57が羊腸の道で力闘したもの.とはいえ,新線に切り替えられて既に半世紀近くが経過し,その姿を実際に見た人の数も少なくなってきた.  もちろん現在のルートだって生易しい線形ではなく,僕が初めて車中から眺めた時には,地図を持っ
『帯広で狩勝峠の写真展』の画像
////隠す用
自社広報

10月の“C55とC57を愛でる写真展”,11月の“北辺のローカル私鉄”に続いて,同じフォトギャラリーUCでの写真展である.今度は猪井貴志さんの“鉄道日和”. 猪井さんといえば,今は亡き真島満秀さんの事務所で重鎮として活躍,真島さんとは全く異なったカメラアイで,独自
『今度は猪井貴志さんの写真展』の画像
////隠す用
自社広報

世界中に鉄道博物館はどのぐらい存在するのだろうか.“鉄道”と銘打たない博物館でも,鉄道関連の収蔵品や展示物が重要なポジションを占めている博物館まで含めると,数え切れないぐらいに違いない. ところが,そのような,鉄道博物館と鉄道を基軸のひとつとする博物館の
『第1回 世界鉄道博物館会議 開催』の画像
////隠す用
自社広報

またもや写真展.それも,10月11日付けのここで紹介した,諸河さんや寺師さん,羽賀さんの写真展と同じ,PHOTO GALLERY UCが会場. しかし今回は,蒸気機関車の“じょ”の字もない.それどころか,鉄道車輛そのものが主題となった写真すら,見当たらない.会場に満ちている
『山崎友也さんの写真展 “北辺のローカル私鉄”』の画像

↑このページのトップヘ